MENU

着物の種類にもいろいろある!

訪問着について

 

訪問着は結婚している方も結婚していない方も着用できる物です。

 

お見合いやお茶会などで着用するにはぴったりです。

 

見た目は付け下げにも似ています。
訪問着の特徴は、上前から下前まで柄が繋がっているという事です。

 

黒留袖について

 

黒留袖は、黒い生地で日向紋が5つ染め抜きされてういます。
お祝い時に着用する物なので、結婚式にふさわしいでしょう!

 

若い方だと、色や柄も華やかで可愛らしい物を選びます。

 

年配の方だと柄はあまり派手すぎす落ち着いた感じの模様を選びます。

 

ただ結婚式では、華やかすぎると、新婦よりも目立ってしまうのでNG。

 

色無地について

 

黒以外の1色に染められた着物です。
柄は何もありません。

 

お宮参りなどで一般的に着られています。

 

稽古の際にも着られるので、着物の中ではたくさん着る機会がある物ですね。

 

紋の数によって変わってきます。
1つであれば略礼装と言います。

 

3つ以上であれば準礼装と言います。
訪問着より格が上がります。

 

色留袖について

 

色留袖も訪問着同様で、結婚していてもしていなくても着る事ができます。

 

5つの紋を付ける事が当たり前ですが、3つ紋や1つ紋もあります。

 

振袖について

 

振袖は良く聞くと思うので、知っている方が多いでしょう。

 

成人式や、初詣で着ますよね?
袖丈の長さもいろいろあって「大振袖」や「小振袖」「中振袖」があります。
長ければ長いほど格が上がって行きます。

 

浴衣について

 

素肌の状態で羽織る着物です。
一番身軽で夏に使用します。

 

夏祭りで着用する人がほとんどでしょう。
寝巻きとして使う方もいらっしゃいます。

 

最近では和風柄だけじゃなく洋風柄も人気です。

 

喪服について

 

喪服も知っている人は多いでしょう。
お祝い事とは逆のパターンで、不祝時に着用します。

 

わかりやすく言えば「お葬式」です。
暗い色を使うのが常識なので、「黒」で5つの紋が入った物です。

 

紬について

 

紬糸を織って作る物です。

 

無地の紬に紋を付ける事も可能で、付ける場合は準礼装として扱われます。

 

頑丈な糸で仕上げるのですが、物によっては木綿の素材を使う事もあります。

 

着物もいろいろ種類があるんですよ。
ある程度種類をわかっていれば、どんな時にどの着物を着れば良いかわかります。

 

知っておいてよかったといつか思える日が来ると思います。

 

知識を身につけて、着付けもできれば完璧ですね!

このページの先頭へ