MENU

着物のマナーをしっかり理解しよう!アクセはOK?

「そもそも着物にマナーなんてあるの?」と思う若者が多いでしょう。
着方などは年代によって変わってきますし、マナーも変わっている事は事実です。

 

しかし着物というのは上品な物です。
なので、アクセサリーと言っても身につけるものは「指輪」ぐらいでした。

 

薬指に結婚指輪をつけている、ダイヤモンドが輝く指輪などは着物にもピッタリですよね?
ピアスやイヤリングをつけている程度であれば、華やかになって良いと思います。

 

ただ、たくさん付けすぎるのは、良くありません。
バランスを考えてどこに何をつけるのか判断しないといけません。

 

指輪も1つだから上品に見えますが、
人差し指にも中指にも小指にも、たくさん付けていたら上品には見えませんよね?

 

着物は赤色なのに、ピアスの色が赤色の着物に対してまったく合わない物を使用しているのも不似合いになります。

 

先ほ述べた指輪も結婚指輪などであれば良いですが、ファッションリングというものがありますね。

 

普段時に着用する浴衣であればファッションリングは問題ないと思います。
むしろ似合うでしょう。

 

ただ結婚式など正式な場所ではあまり使用しない方が良いです。

 

良い着物を着ていても、ファッションリングの尖った部分で糸がほつれてしまうケースもあります。

 

指輪はOKとして、ブレスレッドは?
今の若者はブレスレッドを付けて当たり前です。
夏祭りなどでは、問題ありません!
これもファッションリングと一緒で正式な場所では使用しない方が良いです。

 

静かなシーンでジャラジャラ音が鳴っていたら恥ずかしい思いをするのは、自分自身です。

 

本当の着物マナーは、アクセサリーは付けてはいけません。
そもそも昔は、アクセサリーをつけるという習慣自体ありませんでした。

 

結婚式
子供の入学式、入園式
お葬式

 

このように正装な場所では、アクセサリーは控えるようにしましょう。

 

それ以外であれば、自分のやりたいようにアクセサリーを付けてお出かけしていただいて構いません。

 

今はインターネットで、この着物にはどのアクセサリーが最適か?など記載されているのでお手本を見て考えるのもありだと思いますよ。

このページの先頭へ